転覆する体-webfix0725final-01jpg.jpg

転覆する体:アート、ジェンダーとメディア

2022年8月6日(土)〜8月27日(土)

キュレーション

 

転覆する体実行委員会

 

アーティスト 

 

アウカナウ|Aukanaw

クラウディア・デル・フィエロ|Claudia DEL FIERRO

ヴァ=ベネ・フィアッツィ|Va-Bene "crazinisT artisT" FIATSI

クラウディア・リー|Claudia LEE

前谷開

鷹野隆大

岡部桃

___________________________________________________________________________

『転覆する体:アート、ジェンダーとメディア』展は、私たちの最も身近にあると同時に現実を映し出す「体」を起点に、性の多様性をはじめ、アイデンティティの重層性について考察するグループ展です。本展覧会では「身体的なものとは何か」「体の境界線はどのように定義されるのか」といった素朴な疑問から、「さまざまな社会状況や歴史的文脈に置かれる体を通じて何を伝えることができるのか」といった壮大な問いに迫ります。また本展覧会ではこれらの問いに対し、写真や映像、インスタレーションなど多様なメディアで応答する作家とその作品を紹介いたします。彼ら独自のメッセージと表現が、「体」をめぐる価値観や視点について話し合う契機となり得る場づくりを目指します。

___________________________________________________________________________

【作家紹介】

アウカナウ | Aukanaw

チリ出身のパフォーマンス・アーティスト、劇作家そして研究者として活動する。チリ大学芸術学部・演出学科修士課程修了。2019年8月よりチリのコンセプシオンにおけるアーティスト・イン・レジデンスで、《TRANSMUTACIONES LAFKENCHE [ラフケンチェの変身]》というプロジェクトを進行中。ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展プログラム「100 Ways to Say We」に、南米圏を代表する作家として参加。

《TRANSMUTACIONES LAFKENCHE》は、ノンバイナリーであり、海と深い関わりのあるラフケンチェ民族である作家自らのアイデンティティを交差させるプロジェクトである。特徴的な衣装を纏い、印象的なパフォーマンスで日常の風景に介入する。これは、集団的記憶が潜在している環境への接続を表す。本展では、過去に行った参加型パフォーマンスの映像を発表する。


 

クラウディア・デル・フィエロ | Claudia DEL FIERRO

チリ出身のアーティスト。映像、パフォーマンス、インスタレーションを用いた幅広い表現活動を行う。主に南アメリカとヨーロッパにおいて個展やグループ展、メルコスール・ビエンナーレやハバナ・ビエンナーレなどの芸術祭へ出展。他にも、チリ国立芸術文化協議会(CNCA)やスウェーデンの芸術補助金委員会より助成を受賞している。

本展では、90年代末に制作された写真作品群《Instantáneas de Turista [観光客のスナップショット]》(1997-1999年)を展示する。カメラの前に映るのは、スーツ姿で、とある公共の場所に身をおく作家自身である。軍事的なモニュメント、建物、噴水や公共彫刻は、近代的な空間に出現するフィクショナルなツアーの背景へと変化する。そこから浮かび上がるのは、民主主義社会への移行が中断されている国における、植民地主義的で男性中心的な抑圧の象徴である。

 

ヴァ=ベネ・フィアッツィ | Va-Bene "crazinisT artisT" FIATSI

ガーナ出身。自らを「アーティビスト(アクティビストxアーティスト)」と自称し、加えてキュレーターやperfocraZe International Artists Residency (pIAR)の代表として国際的に活動する。体を中心に据えたパフォーマンスやインスタレーションを通じて、ジェンダーの差別、クィア性、アイデンティティの政治性や問題、性をめぐる経験、周縁化されたコミュニティについて言及する。

本展では、《SO IT IS(The Nomadic Project)[ありのままで(移動型プロジェクト)]》の一環として制作された等身大のポスター作品《Anyie Ne Nye》を新たな形で展開する。本作は、ガーナの反LGBTQIA制度を前に「体には何が可能か」という問いを立て、対抗する。もともとのポスターは、LoveFiesta 2022(毎年アーティストや地元住人、LGBTQ+コミュニティが集まる晩餐会)にて掲げられたものである。

《Anyie Ne Nye》とはエウェ語で「あなたは土である」ことを意味し、体の力や文化の力学、死と生、体の脆弱さ、抑圧への生きた対抗としての体について探求する。


 

クラウディア・リー | Claudia LEE

チリ出身のアーティスト。視覚芸術の教師として務め、チリの芸術文化省で労働環境の安全と改善に取り組んできた。ピノチェト独裁政権下で家族が国外追放を迫られ、1980から81年の間はどこの国にも所属しない状況がつづき、88年になってチリに帰国。2017年に交通事故に遭い、言語障害を負う。

現在は事故の前後に制作した作品に基づき、新たな表現を模索している。国の文化や社会変化、政治的な歴史と個人の記憶を往還することをテーマに制作を続けている。最新作では、腐敗した有機物を彫刻のように空間に配置し、身体の延長ないしメタファーとして探求する。


 

前谷開

自身の行為を変換し、確認するための方法として主に写真を使った作品制作を行う。都市や自然、他者との関係において、その都度立ち上がる状況に対する自身の立ち位置を確かめながら、写真や映像、身体を介してそれらを記録し、作品として提示する。個人的でありながら開かれているような、新たな経験の共有を試みている。主な展覧会に、「Scape」(FINCH ARTS、京都、2022)、「類比の鏡/The Analogical Mirrors」(山中suplex、滋賀、2020)、「六本木クロッシング2019 展:つないでみる」(森美術館、東京、2019)など。

[以下、作家による展示作品紹介テキスト]

撮影のために夜の山や海岸などに行くと、人間以外のものたちに取り囲まれていることを全身で感じます。闇がりの中を足場を確かめながら歩く時、身体が闇の中に溶け出しているような気がして、眺めていたはずの風景が反対に自分を見ていたとしたら、そんなことを考えるようになりました。風景の持つ地層的な重なりと、身体を通してそれを確かめること。触れられない風景のイメージを新たな方法で捉えようとしています。


 

鷹野隆大

福井県生まれ、東京在住。主な受賞に、第31回木村伊兵衛写真賞、文化庁令和3年度(第72回)芸術選奨美術部門文部科学大臣賞、第38回写真の町東川賞国内作家賞がある。作家自身や作家の知人を撮影した《おれと》シリーズや、都市風景を映し出した写真作品を手掛ける。本展では、《おれと》シリーズより数点展示する。

 

岡部桃

岡部は、作品を通じてジェンダーやアイデンティティの問題を取り上げてきた。それは岡部自身の闘いでもあり、また自身の恋人や友人たちの闘いでもある。「自分たちは日本社会においてはアウトサイダーだ」と彼女は言う。岡部の写真作品は、厳しく、時には暴力的でさえある現実を、ネオンのように強烈かつ繊細な色彩によって描き出す。岡部は自身の制作についてこう話す。「私の写真のベースにあるのは日本の私小説です。常に私自身の実体験が基になっています。何を撮るかを事前に決めておくことはありません。自分の私生活を作品にしていますが、そのパワーが他の多くの人々にも共有されるものであってほしいと思っています。そして、人々の人生にポジティブな影響をもたらすものでもあってほしいと思います」。

 

展覧会タイトル

転覆する体:アート、ジェンダーとメディア

会期

2022年8月6日(土)~8月27日(土)

開場時間

12:00-18:00

閉場日

月曜日

会場

The 5th Floor: 東京都台東区池之端3-3-9花園アレイ5階

アクセス

根津駅(千代田線)2番出口から徒歩4分 

入場料

500円 ※予約不要、学生無料 

主催

転覆する体実行委員会

共催

The 5th Floor 

The 5th Floor

​賛助

D/C/F/A

助成

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】、東京藝術大学大学院国際藝術創造研究科

特別協力

大坂紘一郎 [ アートスペース「アサクサ」代表 ] 、渡辺育

キュレーション

転覆する体実行委員会

アーティスト

アウカナウ(Aukanaw)、クラウディア・デル・フィエロ(Claudia DEL FIERRO)、ヴァ=ベネ・フィアッツィ(Va-Bene "crazinisT artisT" FIATSI)、クラウディア・リー(Claudia LEE)、前谷開、鷹野隆大、岡部桃

お問い合わせ

広報担当 閻喜月 (エンキゲツ):serenaayxy@gmail.com

The 5th Floor:info@the5thfloor.org